TEXT

&Premium 6月号

「素敵な、フランスかぶれ。」がテーマである今月の&Premium。
"23人のフランスかぶれが教える、フランスカルチャー”のページにて、
山村光春がパリの行政区にたとえ、フレンチカフェの変遷を紹介しています。
時代を問わず良いものを積極的に肯定し、同居していこうとするフランス。
そんな雰囲気を色濃く纏ったカフェを3店舗ピックアップしています。

また、同企画のオートクチュール刺繍ページのテキストを山村光春が担当しています。

“素敵なフランスかぶれの店へ、ようこそ。”におけるアート雑貨やインテリアのページでは、
恵比寿の生花専門店、『ポワンヌフ』をご紹介。
こちらのテキストを山村光春が担当しています。






Hanako No.1060「HOME APPLIANCES」

3月27日売のHanakoにて、春の新生活家電特集ページ「HOME APPLIANCES」の編集を担当させていただきました。 かわいらしい色合いや、簡単便利な機能性などに特化した「女子家電」をシーン別に紹介。 そのほか、暮らし上手のとして知られるイデーの小林夕里子さん、料理家の長尾明子さん、エッセイストの柳沢小実さん、それぞれのお宅にお邪魔し、自分らしい家電との暮らし方をご紹介していただきました。

宝島社「大人のおしゃれ手帖」にて連載スタートしました。

“日常のおしゃれと暮らしを素敵にする”大人の女性のためのライフスタイル誌 「大人のおしゃれ手帖」が3月に創刊されました。 毎号OTONA JOURNAL内に掲載されるブックレビューページ 「大人の図書室」をBOOKLUCKが担当させていただくことになりました。 新刊を出された作家さんへのインタビューや、「あの人がすすめるその時こんな本」など 読書好きの女性には嬉しい、盛りだくさんの内容となっています。

CREA12月号「人気ロースター発 コーヒー豆を贈ろう」

CREA12月号は、心を込めて贈る最高のギフト全380点を掲載した「贈り物バイブル」大特集
フードギフトからジュエリー、フラワー、47都道府県別の手土産リストなどなど大網羅!今回BOOKLUCKでは「今をときめくロースターのコーヒー豆を贈ろう。」のページを担当させていただきました。コーヒー豆はもちろん、その味にあうオススメスィーツも一緒にご紹介しています。ホームパーティに招かれた時など、手土産として持っていくと喜ばれる組み合わせです。是非読んでみてください〜。





dancyu12月号「The 生ハム Book」

生ハムってどんなハム?生ハムを知る3つのキーワード、スペイン人・イタリア人が教えるおいしい食べ方などなど、生ハムのことを真剣に考え1冊にまとめたdancyu12月号のとじ込み特集「The 生ハム Book」。
目からウロコ(脂?)の生ハム情報、聞きたくても聞けなかった生ハムの疑問、おいしく食べるためのトリビアがみっしりと書かれています。これを読めばスンナリ解決!パーティーシーズン突入前に是非読んでみてください!

こちらの取材・テキストを山村光春が担当させていただきました。






dancyu10月号「パスタの教室」

dancyu10月号「パスタの教室」特集内の
ランチパスタの女王ページにて六本木ラフォリーナさんの取材をし記事にさせていただきました。

テキスト 山村光春


Hanako FOR MEN 「男の珈琲。」

Hanako FOR MEN「男の珈琲。」
巻頭特集「こいつの1杯。業界噂の18人。」
こちらのページをBOOKLUCKが担当させていただきました。

センス光る珈琲紳士たちにフォーカスし、ルーツや珈琲へのこだわりを
おおいに語っていただいたページです。




GINZA ISSUE.912「小さきものよ!」

GINZA ISSUE.912「小さきものよ!」特集内で文房具を紹介した
“こころなごませ、ゆるゆるステーショナリーの巻”のページ
こちらの編集を山村光春が担当させていただきました。




cafe sweets vol.143「ポートランドのコーヒーカルチャーレポート」

cafe sweets vol.143にて掲載の「ポートランドのコーヒーカルチャーレポート」
スペシャルティコーヒーブームの中でも注目を集める「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」。そのお膝元でもあるポートランドを訪れ、現地のコーヒー事情を取材し記事にまとめました。


写真・テキスト
山村光春



mono「キミの知らないコーヒー」特集

モノ・マガジン特集号「君の知らないコーヒー」
こちらのp34-35に掲載のコーヒーカップ紹介ページで
山村光春がテキストを担当させていただきました。